アイロンの温度って何度にすればいいの?

 

こんにちは。
 
 

恵比寿でヘアケアに特化してフリーランス美容師をやっている波多野陸です。
 
髪の毛を綺麗にする為の
 
“本質的なヘアケア” をお客様に提供しています。
 
 

アイロンの温度って何度にすればいいの?

 
 
みなさんは普段家でコテやストレートアイロンを使う時に何度くらいで使用していますか??
 
 
今回は髪へのダメージを極力減らす事の出来る温度設定について記事を書かせていただきます♪
 
 
美容師さんによって意見は様々かと思いますが、僕がお客様に推奨している温度は、、、
 
 
 

120~130度

です!!!!
 
 
『えっ低すぎない??』
 
 
と思われる方もいるかと思いますが、
 
 
僕はこれがヘアケアをきちんと意識した温度設定だと思っています!!
 
 
(きっと毎日180度以上でやってる人はかなり多いんじゃないかな?)
 
 
なぜこの温度設定かというと、きちんとした理由があります。
 
 

熱によるタンパク変性

髪の毛に高温のアイロンをあてると、タンパク変性という現象が起こります。
 
 
これはどのような現象かと言うと、
 
例えるなら、、、、
 

 
生卵→→茹でる→→ゆで卵
 
 
この現象と同じことが言えます!!
 
 
タンパク質というのは熱を加えると、固くなってきます。
 
生卵(タンパク質)がゆで卵になるように。
 
 
髪の毛はタンパク質でできているため、熱を加えるとどんどん固くなってきます!!
 
 
みなさんは経験ありませんか??
 
 
ヘアアイロンを使っていると、毛先がゴワゴワしてきた!!
 
という経験!!!
 
 
あれはアイロンの熱によって、髪の毛がタンパク変性を起こし固くなってきているんです!
 
 
そして一旦タンパク変性を起こして固くなってしまった髪の毛は元に戻すことができません、、、
 
 
このタンパク変性を起こし始める温度と言うのが、
 
 
130度~140度位と言われていますので、アイロンの温度というのは先程推奨していた120~130度が適切と言うわけです。
 
 
『そんな低い温度じゃ無理!!!』
 
 
と言う方は、120~130度位の設定でいつもよりゆっくりとアイロンの熱を当ててみてください♪
 
 
オススメは低温のアイロンでじっくり熱を当てていく感じです!!
 
 
毎日のアイロンも、日々の積み重ねで大きなダメージとなってしまうので、明日から是非意識してみてください♪
 
最後まで読んで頂きありがとうございます!

(Visited 2 times, 1 visits today)

ご予約公式ラインはこちら↓

(ご希望の日時をご連絡下さい)

 
友だち追加